「家族」と「食べる」を考える

タベル マガジン

「家族」と「食べる」を考える

タベルとは?

囲って、向き合って、楽しんで。
家族が笑顔で集まる場所「テーブル」で
美味しいお料理を「タベル」。
この日常の風景をもっと豊かにできるよう、
家族と食についての情報をたっぷり集めました。

辛い食べ物は好きですか?

辛いモノは苦手な人がいる一方、大ファンも多いですよね。今回は辛いモノ好きの方々のためにファミレスの辛そうなメニューを食べ比べ!

いろいろな媒体で食レポを多く手がけ、辛いモノ好きでもあるライター、ほそいあやさんに気になるメニューをレポートしてもらいました!

ファミレスで旨辛メニューを探せ!

こんにちは、辛いモノ好きライターの、ほそいあやです。普段は幅広い内容の食レポを書いておりますが、今回はファミレスの辛そうなメニューをピックアップし、心ゆくまで食べ比べてみたいと思います。

辛い料理が好きな人は専門店に行く方が多いかも知れませんが、実は身近なあのお店にも常識を覆すメニューがあるかもしれません。

ファミレスメニューに果たして "辛くて旨い発見" はあるのか!?

【ガスト】牛肉ゴロゴロ、うどんまで入ってボリューミーなチゲ

みんな大好きガスト。今日いただく辛そうなメニューはこちら。

「特製 旨辛牛肉チゲ(半玉うどん入り)&十三穀米セット」

うん、「すごく辛い!」という感じではなく、ピリ辛の域。コチュジャンを溶くと多少辛さがアップします。

チゲならではの韓国風ピリ辛スープが美味。お肉は大きめにカットされたものがゴロゴロと入っていて食べごたえがある。

さらにうどんも入っているのでお腹いっぱいになれます。

ご飯を半分残しておじやにするのがおすすめ。

ピリ辛で箸がすすむので、量が多くても食べられちゃいます。お腹いっぱい夢いっぱい。

辛さ:★★☆☆☆(コチュジャンを溶くと★★★☆☆)
しびれ:☆☆☆☆☆
旨味:★★★★☆

【ジョナサン】ファミレスのタイ飯は辛いのか?

ハンバーグやドリアなどの定番メニューからタンドリーチキンなどエスニックな料理もカバーしているジョナサン。選んだのはこちら!

「タイ風ガパオライス」

ジョナサンにガパオライスがあるなんて知らなかった。食べてみると、ファミレスならではの「エスニックの特徴的な味は維持しつつ、誰にとっても食べやすい」をきちんと確立させた安定感のある一品でした。

レモンを絞ると味に現地感が出ます。目玉焼きが乗っているのでボリューミー。それもあってかご飯は多く感じたので、小食の人や女性はご飯すくなめにするといいかも。

肝心の辛さはピリっと感じるものの際立つ感じではなく、バジルやナンプラーの香りなどと調和するチームの一員という印象。今回食べたメニューの中では辛さは一番控えめだけど、きちんとおいしい。タイ料理店にいかなくても手軽にこういうガパオライスが食べられるというのはいいですね。ファミレスさまさまです。

辛さ:★☆☆☆☆
しびれ:☆☆☆☆☆
旨味:★★★☆☆

【バーミヤン】中華レストランの本領発揮? 結構辛かった!

突然ですが、私の思い出を語らせてください。大学に入学した時、同じクラスに李さんという中国からの交換留学生がいました。彼女が慣れない日本で一人暮らしをするにあたって、クラスの皆で引っ越しを手伝いました。終わってから彼女がこう言ったのです。「お礼においしい中華料理のお店につれていってあげます」。わくわくしながらついていくと、バーミヤンでした。

「花椒と自家製ラー油の赤麻婆豆腐」

さて、今回選んだこちらの麻婆豆腐ですが......かなり本格的! 少し前からのブームもありファンの多い花椒だけど(私も大好きです)、中華料理店でも日本人向けに控えめに使っているところも多いですよね。しかしバーミヤンやってくれた。結構がっつり花椒ですよ!

しびれだけでなく、ホットな辛さである "辣" もちゃんとしてる。バーミヤンの自家製ラー油って辛いんですね。売ってほしい。くわえて旨味もバシッと決まってます。

麻婆豆腐専門店で食べたものにも劣らない見事なカラシビ旨マーボーでした。

ファミレスだからそんなに辛くないだろうと頼んでびっくりする人もいそう。辛いモノ好きは是非食べてみてほしい!

ビールもいいけど、ビリビリの口内を「凍結レモンサワー」で冷やすの、銭湯の交互浴みたいでおすすめ。

辛さ:★★★★★
しびれ:★★★★★
旨味:★★★★☆

【バーミヤン】アンビバレントなファミレスラーメン

辛そうなメニューが豊富なバーミヤンでもう一品。

「ネギラーメン」

醤油ベースのスープにラー油と山盛りのネギ。バーミヤンの定番ですね。以前からたまに食べていますが、こんなに赤くなったのって最近のような気がします。

真っ赤な見た目通り、こちらも満足のいく辛さ。激辛ではなく、辛いモノ好きな人ならちょうど良い辛さといいましょうか。舌がしびれるような辛さはなく、純粋な唐辛子の辛味です。

とはいえファミレスのメニューにしては辛いぞ。

バーミヤンは「バーミヤンはラーメン専門店に引けをとらない味わいを生むために、何種類ものオリジナル麺を使っている」ということをご存知でしょうか。
関連記事:ツウは麺の違いを味わう。種類豊富な"バーミヤン麺"徹底解剖

ネギラーメンの麺はほどよい加水のちぢれ麺で、つるつるの喉ごしが楽しめる中華の王道ともいえる麺。本格的な麺にこの辛さを乗っけてくるとは。ファミレスのラーメンの中ではかなりオンリーワンな存在だと思います。

ここにくればこれが食べられると思うと、ちょっとつらいことがあった日も乗り切れそう。いつまでもあり続けてほしいメニューです。

辛い辛いといいながら気付けばスープ全飲みしてた。辛いラーメンって汗をかけるから、食べ終わったあとに運動したような爽快感があって気持ち良い!

あ、これを食べる時は白い服は着て行っちゃだめですよ。

ネギに絡むラー油スープがたまらん。

ごちそうさまでした。李さんの言う通り「おいしい中華料理」だこれは。国に帰ったけど元気にしてるかな。

辛さ:★★★★☆
しびれ:☆☆☆☆☆
旨味:★★★★☆

以上、4つの辛旨メニューを食べ比べてみました。どれも辛いこと以前に安定しておいしいので、期待していた辛さではなくても満足できます。

個人的には、バーミヤンがファミレスであることを忘れるくらいの辛さだったので「いいぞもっとやれ」と思いました。

取材・文・撮影/ほそいあや

関連記事