「家族」と「食べる」を考える

タベル マガジン

「家族」と「食べる」を考える

タベルとは?

囲って、向き合って、楽しんで。
家族が笑顔で集まる場所「テーブル」で
美味しいお料理を「タベル」。
この日常の風景をもっと豊かにできるよう、
家族と食についての情報をたっぷり集めました。

かつては家族や友だち同士で行くイメージが強かったファミレスですが、今では"お一人さま"も当たり前になっていますね。

さらに最近では"宴会のコース料理"や"しゃぶしゃぶ"といった、およそお一人さま向きとは思えないメニューを一人ファミレスで楽しむ様子がSNSなどにアップされています。

そうした新しいファミレスお一人さま利用の魅力や使い勝手を探るべく、ライターがお店で体験レポートします。

中華の宴会メニューで"特別な一食"を堪能!

今回バーミヤン取材を編集部から依頼された中華飲み大好きライターです。

驚いたことに最近ではバーミヤンの宴会コースメニュー「中華団欒コース」を一人で楽しんでいるという声がネット上で散見されるので、実体験レポートしてほしいとのこと。

宴会料理を一人で? どんな食事になるのかイメージできませんが、何はともあれ入店です。

お、メニューブックにも中華団欒コースは「お1人様からご注文可能」と明記されていますね。

気になるメニューは焼餃子や海老のチリソースといった定番の中華料理にスープバーとアンニンドウフを加えた全8品。コースを頼むとアルコール飲み放題(100分)が999円(税抜)で注文できるんですね。せっかくなので、これもお願いしましょう。

"コース料理を一人前"という勇気のいる注文でしたが、店員さんは特に驚く様子もなく、すんなりオーダー完了。スープバーで本日のスープ(かき玉)をカップに注いで席に戻ると、さっそく生ビールとおつまみバンバンジーが届きます。では、いただきます!

続いてチンジャオロース、カニ爪フライ。

チンジャオロースと生ビール、くぅ~たまりません! カニ爪フライもクリームソースにカニの風味が効いてウマい!

さらに海老のチリソースが登場。一皿一皿は単品メニューよりも少なめのボリュームですが、色とりどりの料理が並んで卓上はどんどんにぎやかに。

あ、これ楽しいかも。普段の一人中華だとメインをチンジャオロースにするか、はたまた海老のチリソースか悩んだりしますが、これなら宴会で大皿から取りわけるようにいろんな定番料理を味わえます。

本格焼餃子と半チャーハンも提供され、とても一人とは思えないゴージャスなテーブルに。それでもファミレスならではの距離感のおかげか、周りのお客さまが気にする様子はまったくありません。

お酒をおかわりしながら、餃子、海老チリ、チンジャオロースと、いろんなお皿に箸を伸ばす幸せ。〆のチャーハンを平らげると......。

デザートのアンニンドウフが運ばれてきました。飲み放題にはドリンクバイキングも付くので、さっぱりと食後のお茶もいただけます。

いやあ、思った以上に楽しめました。一人なので宴会気分と言うよりも、自分のためだけにたくさんの料理が運ばれてきて、特別なおもてなしを受けている気分でした。

味が多彩でボリュームもたっぷり、それでいてリーズナブル。人を呼ぶほどではないけれど、一人でちょっと特別な一食を堪能したいときにぜひまた利用したいですね。

*中華団欒コースは日時によって注文できないケースもあります。
*2019年11月2日(木)まで一部店舗でアルコール飲み放題の販売を休止している日があります。

女性に人気! 気ままなお一人さましゃぶしゃぶ

タベル編集部内では以前から「しゃぶ葉には意外なほど女性一人のお客様が多い」と話題になっていたそう。

普段は友だちとしゃぶ葉を利用している女性かつライターの私が、はじめてのお一人さましゃぶしゃぶを体験レポートすることに!

野菜もたっぷり食べられるしゃぶ葉が女性に人気なのはわかりますが、お一人さまにはどんなメリットがあるのでしょうか。いざお店へ!

まずはお肉のコースとだしを選びます。しゃぶ葉は食べ放題なので、当然テーブルごとに全員が同じコース・セットを注文します。周りにお肉好きが多いこともあり、いつもはお肉も食べ放題にするのですが、今日注文したのは「三元豚セット」。

平日ランチ限定、大人999円(税別)のお得なセットで、お肉は食べ放題ではなく3皿提供されます。

つまり潔く追加のお肉をナシにして、目移りするほど種類豊富な野菜をめいっぱい楽しむ日にしようというもくろみ。その日の気分にピッタリのコースを選べるのはお一人さまのメリットですね。あ、ドリンクバー249円(税抜)も付けました。

だしも好きに選べます。私は新しい味をどんどん試したいタイプなので、期間限定の「黒八味マーラーだし」を定番の「白だし」と組み合わせることに。

野菜を取りに行って、お肉も届き、いよいよ一人しゃぶしゃぶスタート!

黒七味マーラーだし、おいしい、当たりでした! いろんな薬膳っぽい香りが口の中に広がって、女性ウケする味ですね。

完全マイペースのしゃぶしゃぶってはじめてですが、なかなか快適です。だれが鍋に入れた食材か気にしなくていいし、自分が入れた食材が迷子になることもなく、すいすい食べられます。

お肉と野菜を夢中で食べ、さらにたっぷりの野菜を追加します。

大好きなキクラゲを思う存分食べられるのもうれしい! 好みの食材を狙い撃ちできるのも、お一人さまの特権かもしれません。

こんなに野菜を食べたの、いつ以来でしょうか? いろんなたれを用意したので、たくさんの野菜も飽きずにもりもり食べられます。

さて野菜も存分に食べ、最後に麺類かスイーツのどちらで糖質をとるか悩んだ末、スイーツをチョイス! 今日は〆を飛ばしてスイーツを食べようとか、そもそも〆やスイーツに移るタイミングも一人だと気ままに決められますね。

いただきますから30分ちょっと、あっという間にスイーツまで食べ終わり満腹&大満足です。

みんなでわいわい楽しむしゃぶ葉も好きですが、思い立ったら一人でしゃぶしゃぶもアリですね!

一人だとさくさく食べられることがわかったので、普段から野菜たっぷりのヘルシーランチとして利用できそう。夕食でも家での一人鍋とは野菜の種類が段違いですよね。洗い物もないので、一人暮らし女性の夕食としてもオススメです。

いろいろ広がるファミレスお一人さま活用!

いかがでしたか、一人宴会と一人しゃぶしゃぶの実食レポート。前者はちょっと特別、後者は普段使いもイケそうという、両ライターの感想でした。

モーニングやランチ、ティータイムなど、以前からファミレスではお一人さまの利用がありましたが、今回のような新たな活用法も広がっています。前にタベルの記事でもご紹介したガストでのノマドワークや、一人飲み(ガスト編バーミヤン編)もその一例ですね。

「ガストでノマドワーク」をボクが激推しする理由!」

電源のある店舗のスマホ充電利用、家事の合間の息抜きランチ、ただただ一人の時間を作るための利用まで、まだまだいろいろな一人さまのスタイルがありそうです。みなさんも自分に合ったファミレスお一人さま活用法を探してみませんか。

取材・文:庄野ダイスケ、板橋久美、タベル編集部 撮影:タベル編集部

関連記事