「家族」と「食べる」を考える

タベル マガジン

「家族」と「食べる」を考える

タベルとは?

囲って、向き合って、楽しんで。
家族が笑顔で集まる場所「テーブル」で
美味しいお料理を「タベル」。
この日常の風景をもっと豊かにできるよう、
家族と食についての情報をたっぷり集めました。

いよいよ夏本番、お出かけシーズンですね! ステキな思い出を残したいけど、海などの定番スポットはどこも混雑しがち。

そこで今回、夏らしい体験ができそうな「穴場」をいろいろ探し、「東京ウォータータクシー」なるサービスを発見。

何でも、船を貸し切れるので混雑とは無縁で、東京の夜景や花火大会をベストポジションから鑑賞したり、船上パーティーを楽しんだりできるとか。

ということで、さっそく夏の穴場の遊びを体験してきました!

東京の海と運河を自在にクルージング!

東京ウォータータクシーには乗り合いで1区間500円の「シャトルサービス」などもありますが、今回は最大8名で船を貸し切る「カスタムメイドプラン」をチョイス。都心の海と運河を自在にクルージングできるとのことで、夏に気持ちよさそうな夕方から夜にかけて、東京の絶景が楽しめる場所をあちこち回ってもらうことに!

我々がチャーターしたのは、写真の8人乗り。窓が大きく、船内からの眺めも良好です。

田町の船着き場を出発して、まず向かったのは晴海ふ頭付近。さっそくウォーターフロントの開放的な景色が広がります。デッキに出ると、抜群の爽快感!

手を伸ばしたら届きそうなほど水面が近い! そして、空が広い!

極上のプライベートビアガーデン!

絶景に囲まれたところで、いったん船をストップ。ガストのテイクアウトメニューで乾杯します。貸し切りなのでフードやドリンクの持ち込みは自由。ちょっと止まって! この辺ゆっくり!といったワガママに応えてもらえるのもうれしいですね。

まさに極上のプライベートビアガーデン。ビールもフードも格別のおいしさ!

筆者撮影

パーティメニューを味わった後は、波の音を聞きながらデッキでひと休み。船が小さいせいか、夕暮れの海に一人でぽっかりと浮かんでいるかのよう。

街中の運河で東京再発見!

都会の小さな運河に入り、開けた海から景色は一変。街の中を船が進んで行くのは不思議な感覚です。ここでは、知らなかった東京の風景にいくつも出会えました。

運河沿いでくつろぐ大人たち、橋から船に手を振る子供たち......。東京にも、こんなにゆっくりとした時間が流れているんですね。

芝浦運河の船だまりにつくと、モノレールが走り、周囲は高層レジデンス。江戸時代から続く運河と21世紀の暮らしが融合した景色がぐるりと広がっていました。

「都内って、こんなに橋や水門があるのか~」なんて発見も。芝浦エリアでは小さな橋やモニュメントなどを順次ライトアップしているそうで、上は最近ライトアップがスタートした橋だそう。

そんな、運河で出会える意外な見どころ、乗船するスタッフさんが注目ポイントを教えてくれるので、東京の地理や歴史をよく知らなくても、ちゃーんと楽しめます。

このアングルからレインボーブリッジを!? 海から眺める"360度の夜景"

さらに天王洲とお台場にも行ってもらいました。「東京の夜景って、高いところから見るものだと思っていませんか?」と乗船スタッフさん。海から見上げる夜景からは、建物の大きさや街の活気がリアルに伝わってきます。水面に映り込む光もキレイ!

天王洲からお台場へ向かう間も、開放的でうっとりする光景が次々と迫ってきます。

お台場ではレインボーブリッジ・ゆりかもめのループの下から......なんて、激レアな夜景をリクエスト。

貸し切りの船上から眺めると、おなじみのお台場の夜景を独占している気分に。

お台場を背に少し進むと、目の前には東京タワーやビル群のパノラマ。海から眺める360度の夜景をしばし堪能し、この日のクルーズは終了。貸し切りで自在に航行できるので、羽田空港近くで飛行機を下から眺めるなど、ほかにもお出かけの穴場として、いろいろ楽しめそう。編集部メンバーも「次はこんなコースを」「あんなシーンで使いたい!」と、妄想を膨らませながら帰路に着いたのでした。

提供:東京ウォータータクシー

さらに東京ウォータータクシーは花火大会の超穴場でもあるそう。2019年は7月20日に行われた「スターアイランド花火」、例年12月開催の「お台場レインボー花火」を大迫力の打ち上げ台の近くなど、ベストポジションで鑑賞できるとか。

そう聞くと、船上からの花火大会も体験してみたくなりますね。

花火大会といえばステーキガスト 伊東海岸店も穴場の鑑賞スポットなんです。海が見える大きな窓とテラス席があり、2019年は8月10日に行われる夏の伊東の一大イベント「按針祭海の花火大会」を間近に眺められます。当日は席予約の受け付けのほか、店外で定番のかき氷や人気のスパイスチキンといった、お持ち帰り用のフードやドリンクも販売します。

また、夏の伊東海岸は花火大会が盛んで、按針祭のほかにも店舗から楽しめる花火大会がめじろ押し! こちらもぜひチェックしてみてくださいね。

取材・文/花沢メイ 撮影/大北学

関連記事