「家族」と「食べる」を考える

タベル マガジン

「家族」と「食べる」を考える

タベルとは?

囲って、向き合って、楽しんで。
家族が笑顔で集まる場所「テーブル」で
美味しいお料理を「タベル」。
この日常の風景をもっと豊かにできるよう、
家族と食についての情報をたっぷり集めました。

前編に続き、「サンリオピューロランド(以下、ピューロランド)」の王道の見どころスポットをご紹介します。後編ではファンの多いショーとパレードをご紹介します。

松竹監修の本格派! 意外な展開から目が離せない「KAWAII KABUKI ~ハローキティ一座の桃太郎~」

前編では1つのキャラクターがフィーチャーされたアトラクションを中心に楽しみましたが、後編ではいよいよ、いろんなキャラクターが登場し、そのクオリティから大人にも大人気と話題のショーやパレードをめぐります!

まずは「メルヘンシアター」へ。こちらで大ヒット上演中なのが、歌舞伎を取り入れたミュージカルショー「KAWAII KABUKI ~ハローキティ一座の桃太郎~」。この舞台「飛び六方」など歌舞伎の所作を含め、松竹株式会社が全面監修し、「スーパー歌舞伎」などを手がけてきた横内謙介氏が演出した本格派だそう。

また、映像で坂東巳之助氏、音声では中村獅童氏が出演。歌舞伎の楽しみ方アドバイスも盛り込まれているの で、伝統芸能の超入門編として鑑賞するのもいいかもしれませんね。

キッレキレのダンスあり、プロジェクションマッピングあり、キャラクターの衣装が何度も変わり......と、盛りだくさんの展開に客席の子どもも大人もステージにくぎ付けです。

座長としてみんなと頑張るハローキティ、あまのじゃくだけと常にナンバー1を目指すバッドばつ丸など、キャラクターそれぞれの個性も楽しめます。キャラクターたちの歌舞伎の所作は、かわいいのに力強くて、すごく新鮮!

そんなおなじみのキャラクターたちに"鬼"が加わっての予想を超えたストーリー&演出に編集部の男性陣も思いっきり引き込まれていました。これは大人にも人気だというのもうなずけます。

※「KAWAII KABUKI ~ハローキティ一座の桃太郎~」上演中は写真・動画の撮影および録音は禁止です。今回は特別に許可をいただいて撮影しています。

約40分の舞台を見終え、贔屓のキャラクターやより一層好きになったキャラクターができたら、「エントランスショップ」へ。思い出と一緒に、ピューロランド限定の「KAWAII KABUKIマスコット」を連れて帰りましょう。

ランチタイムにもうれしい驚き「キャラクターフードコート」

ショーの後は、お昼に。ランチタイムも、お出かけのお楽しみのひとつですよね。ピューロランドには全部で4つのレストラン&カフェがありました。その一つ「キャラクターフードコート」には、キャラクターをモチーフにした驚きいっぱいのフードがそろっていました!

「おやすみシナモンのドリーミーカレー」は、ビビッドなブルーのルーとシナモロールのかわいい表情がインパクト大!

「ぐでたまチャーシューメン」では、ぐでたまはこの通り、チャーシューメンにぷかぷか。だれもが「なにこれ~」と癒されること請け合い?!

今年はハローキティ誕生45周年ということで、数々のアニバーサリーメニューも。「キティのアニバーサリーコンビプレート」のスイーツに使われているラベンダー×ピンクは、45周年のアニバーサリーカラーなんですって。

低アレルゲンの「お子様カレー (低アレルゲン)」はハローキティのシルエット!

キッズチェアもかわいいパステルカラーで、キャラクターフードコートの世界観にピッタリ! 大人だけでも小さなお子さんと一緒でも、快適で思い出に残るランチタイムが過ごせそうです。

幻想的でアクロバティック! しかも多幸感にひたれる「Miracle Gift Parade」

ランチの後は、いよいよパレードの時間。ピューロランドでは複数のライブショーが行われていますが、なかでも「ピューロビレッジ」の「知恵の木」周囲で行われる「Miracle Gift Parade(ミラクルギフトパレード)」は、世代を問わず人気だという壮大なエンターテイメント。冒頭からアクロバットや幻想的なイルミネーションなど、心踊る要素がたっぷり詰まっています。

衣装やキャラクターたちの乗るフロートは、きゃりーぱみゅぱみゅさんの演出などで知られる増田セバスチャン氏がアートディレクターを務めたもの。とびきりカラフルでポップな世界観も、ドキドキを盛り上げてくれます!

パレードはストーリー仕立てになっており、途中、闇の女王が登場して不穏な空気に......。それでもハローキティが「おもいやりの心」で起こすミラクルが、みんなの心に温かなギフトとして届くんです。この多幸感、ハマりそう!

ちなみに写真で手にしているのは「エントランスショップ」でゲットした「ミラクルハートライト」。なんとこちら、パレードの展開に連動してライトが様々な色に変化します。シーンに合わせてかざすだけでパレードとの一体感が高まるので、初めての方にもオススメです!

パレードは位置によって見え方が異なるので、毎回新たな発見があるのも魅力とか。次に来るときは「ミラクルハートライト」を写真のようにデコって参加したいです。

ふわもこスイーツで癒しのひととき「シナモロールドリームカフェ」

パレードの余韻に浸りながら、シナモロールの世界観が楽しめるフォトスポット&ショップが並ぶ「シナモロールふわもこタウン」へ。その一角にある「シナモロールドリームカフェ」を訪れます。

夏気分満点の「シナモンのピンクレモンカルピスソーダ」、生クリームもモチモチ感も欲張れる「エスプレッソの黒糖タピオカ入りアーモンドラテ」など、メニューのモチーフはもちろん、シナモンフレンズ!

こちらの「シナモンとみるくのなかよしコッペパン(ラムネ&いちご)」は驚きが欲しい方もきっと満足。ブルーのクリームは、ラムネ味なんですよ。

「シナモンのレアチーズタルト」もありました。このつぶらな瞳に見つめられたら、はしゃぎ疲れた方も笑顔が復活するはず。ピューロランドだからこそ出会えるシナモンフレンズのドリンク&フード、どれも見逃せません。

ところでみなさん、街のファミレスでしか出会えないシナモロールもいること、ご存知でしょうか? すかいらーくグループのガスト・バーミヤン・夢庵・ステーキガストでは、シナモロールのカプセルトイをご用意。シナモロールファンの方は、ぜひお立ち寄りくださいね。

さて、前後編と2回にわけでピューロランドをレポートしてきましたが、いかがでしたか? 初めてでしたが、大人も楽しめました。夏休みにはスペシャルなイベントもいろいろ開催されるそうですよ!

※2019年7月5日時点の情報です。アトラクション・パレードの内容やメニューなどは、時期により異なります。
※アトラクションの待ち時間やショーやパレードの開始時間は日によって異なります。今回めぐった順序はあくまで一例としてご覧ください。

取材・文/花沢メイ 撮影/タベル編集部

©'76,'84,'93,'96,99,01,05,'12,'19 SANRIO

前編に戻る

関連記事