「家族」と「食べる」を考える

タベル マガジン

「家族」と「食べる」を考える

タベルとは?

囲って、向き合って、楽しんで。
家族が笑顔で集まる場所「テーブル」で
美味しいお料理を「タベル」。
この日常の風景をもっと豊かにできるよう、
家族と食についての情報をたっぷり集めました。

「しゃぶ葉」の魅力の一つが、バラエティー豊かな食材で楽しむアレンジ! たれからシメ、スイーツにドリンクまで、数え切れないほどのアレンジが生まれています。

先日、しゃぶ葉の公式Twitterアカウント(@syabuyou_PR)で「暑い日だって、しゃぶ葉を満喫して欲しい!」とつぶやいたところ、フォロワーさんから「夏向けアレンジ」が続々と......。お寄せいただいたコメントをヒントに「夏向けアレンジ」を作ってみました。しゃぶ葉のSNS担当者、タベル編集スタッフ2名の計3人で実食、レポートします。

お手軽"冷しゃぶ"! サラダにしても、うどんにしても◎

タベル編集スタッフA(以下 編集スA):夏と言えば、冷しゃぶ! いくつか投稿が来ていましたね。

しゃぶ葉SNS担当者(以下 S担):投稿のように、ドリンクバーの氷と水をたれ皿に入れ、しゃぶしゃぶしたお肉をそこに入れて冷やすだけです。とっても手軽で、オススメのアレンジです。

タベル編集スタッフB(以下 編集スB):一度水にくぐらせるので、だしはあっさりとした白だしに、お肉は、冷しゃぶに合いそうな三元豚バラを選びました。

S担:せっかくなので、冷やしたお肉をサラダ用の野菜にのせて"冷しゃぶサラダ"にしてみました! ドレッシングは、胡麻だれと和だしつゆの1:1ブレンドです。

編集スB:胡麻だれだけより甘すぎず、冷しゃぶにちょうどいい、バクバクいけちゃいます。

編集スA:野菜もたっぷり食べられてヘルシー! いつもお肉ばかり食べちゃうから、これやろうっと(笑)。

編集スB:"冷しゃぶうどん"にしてもおいしそうですよね。うどんをお茶碗に盛り付けて冷しゃぶをのせ、胡麻だれと和だしつゆ1:1のたれをかけて、薬味のオクラをオン!

S担:しゃぶ葉のうどんは加熱済みでそのまま食べられるので、冷たいアレンジにもぴったりですね。これ、たれのうまみがうどんにからんで、アリですね!

編集スA:オクラのネバネバ感も夏らしい。冷しゃぶ、色々アレンジできて楽しいですね!

つくね×豆板醤、中華風、ふりかけ......。夏のシメは、"冷やし茶漬け"を

S担:"冷やし茶漬け"のアレンジも、複数の投稿があったんですよ。これは結構手の込んだアレンジですね。

編集スA:今日は白だしなので、つみれに何か味をつけた方がよさそう。

S担:和風だし+おつまみ豆板醤で、ほぐしたつみれに味付けしましょう。しゃぶ葉のおつまみ豆板醤は、辛さ控えめでコクがあるので、結構多めに入れても大丈夫。かけるのはドリンクバーの玄米緑茶*です。つくねがまだ温かいので氷を入れ、トッピングには薬味のねぎを。

*ドリンクを使ったアレンジには、ドリンクバーのご注文が必要です。

編集スA:鶏肉と豆板醤の旨味が効いていて、あと引く味わいです。

編集スB:今回は竹筒1本を2等分しましたが、個人的にはつくね増量希望。1杯に1本入た方が味のバランスがよさそう。

投稿には「ふりかけ」と書かれていますが、しゃぶ葉にはふりかけが常時置かれているわけではないんです。でもちょうど7月11日から、「冷やし茶漬け用だし」「梅しそ御飯」のご提供がスタートします!

編集スA:今日はふりかけも冷やし茶漬け用だしもないので、黒ウーロン茶と薬味のザーサイで"中華風(?)冷やし茶漬け"を作ってみました。ベースはわかめご飯でねぎも加えましたが、これ結構イケます!

S担:ザーサイのシャキシャキ食感が心地よく、黒ウーロン茶の清涼感も新しい! お肉をたくさん食べたあとに恋しくなる味です。7月11日からは「冷やし茶漬け用だし」「梅しそ御飯」も使って、さらにいろいろな"冷やし茶漬け"アレンジにトライしてみてくださいね。

温で爽やかに食べたいなら、"お茶だししゃぶしゃぶ"

S担:ここまで"冷アレンジ"をピックアップしてきましたが、"夏向け温アレンジ"の投稿もいただいています。

編集スA:"お茶しゃぶ"って、「豚肉の臭みがなくなる!」とメディアで話題になってましたよね。

S担:今回は、ドリンクバーの冷たい玄米緑茶を白だしに加え、"お茶だししゃぶしゃぶ"にしてみます。白だしと緑茶は、1:1でいきましょう。

編集スB:お肉から玄米の香ばしさと、緑茶の甘みがほんのり感じられます。お茶の風味を堪能するため、まずはたれナシで食べて欲しい!

S担:ポン酢だとお茶の風味がだいぶ消えちゃいますね。私は、たれなしでゆず胡椒が好みです。

編集スA:豚肉の脂が、ほどよく落ちるのもポイント。スッキリとした香りと味で、夏向きの温しゃぶですね。

今夏のデザートは、見た目も涼やか"抹茶パフェ"or"タピオカ"を!

S担:"冷やし茶漬け""お茶だししゃぶしゃぶ"とお茶使いが続きましたが、デザートもお茶系の投稿がありました。ドリンクバーの温かい抹茶オレを使った"抹茶パフェ"!

編集スB:白×グリーンで涼しげだし、SNS映え抜群なんですが、残念ながら今日の店舗のドリンクバーには抹茶オレがありませんでした......。

S担:店舗によって、多少品揃えが違いますからね......。代わりと言ってはなんですが、「タピオカ食べ放題*」で、何か作ってみませんか? 6月にスタートしたばかりのメニューなので、我々がいち早くアレンジしてみる......ということで。

*2019年6月末現在、限定された5店舗でのみご用意

編集スA:ベーシックなタピオカミルクティーは、グラスにソフトクリームとタピオカを入れて、アイスティーを注ぐんですね。作り方も楽しいですね!

編集スA:じゃあ私は、コーヒー系にアレンジしてみます。ソフトクリームとタピオカを入れ、エスプレッソを注ぎ、氷を入れて冷え冷えに。

編集スB:カフェで飲む黒糖入りのミルクコーヒーのような、深みのある甘さ。なかなかですよ、これ。ソフトクリーム多め+エスプレッソで、タピオカ添えアフォガードに仕上げてもいいかもしれませんね。

編集スA:今後販売される店舗が増えたらフォロワーさんからも、タピオカ使いのアレンジがたくさん生まれてくる予感がします!

S担:そうですね。Twitterに投稿をくださるみなさん、いつもありがとうございます。今後もタベルでご紹介していきますので、また素敵なアレンジを教えてくださいね。

取材・文/花沢メイ 撮影/須賀翔平

関連記事