「家族」と「食べる」を考える

タベル マガジン

「家族」と「食べる」を考える

タベルとは?

囲って、向き合って、楽しんで。
家族が笑顔で集まる場所「テーブル」で
美味しいお料理を「タベル」。
この日常の風景をもっと豊かにできるよう、
家族と食についての情報をたっぷり集めました。

2019年6月6日、バーミヤンやジョナサンをはじめ、すかいらーくレストランツの全ブランド、全2,795店で使い捨てプラスチック製ストローが廃止されました。

すでに昨年12月から廃止しているガストについて、タベル編集部がリサーチしたところ、代替ストローの存在をご存知ないお客様もいらっしゃいました。

そこで今回、プラ製ストローがなくなったと知ったお客様が抱きそうな不安を想定し、あらためて、代替ストロー導入などに携わった株式会社すかいらーくレストランツの営業サポートグループ営業管理チームに対応策を聞きました。

小さい子どもはどうすれば?

小さなお子様がいらっしゃるご家庭なら、プラ製ストローがなくなったと聞いて、こんな不安を抱くかもしれません。

"子どもはコップからそのまま飲むとこぼしてしまうかもしれないので、特に外出先では、ストローがあると助かるのだけど"

「プラ製ストローの代わりにトウモロコシを原料とした生分解性のバイオマスストロー™をご用意しています。お子様向けの短いバイオマスストロー™*もございます。お声がけいただければ、すぐにお持ちいたします」
*バイオマスストロー™はすかいらーくグループが所有する商標(商標登録出願済)

今日はどうしてもストローが必要!

大人の方でも、どうしてもストローを使いたいときもありますよね。

"口紅をなるべく落としたくないので、ストローを使いたいな"

「もちろん通常の長さのバイオマスストロー™もございます。すかいらーくレストランツのお店では、一般的な長さと短めなお子様向けの2種類のバイオマスストロー™をご用意しておりますので、お気軽にお申し付けください*」
*一部のブランドでは異なる場合もあります。

ストローなしで、アイスコーヒーをどう混ぜればいいの?

何で混ぜればいいの?は、当初、タベル編集部内でも疑問の声が挙がりました。

"アイスコーヒーや、アイスカフェオレは、ストローで混ぜていたんだけど、これからどうすれば?"

「ドリンクバーのコーナーにティースプーンやロングスプーン、マドラーなど(ブランドによって異なります)をご用意していますので、こちらをご利用ください」

タピオカはどうすれば??

プラ製ストローが廃止されるブランドが拡大されたことで、こんな不安も出てくるのではないでしょうか。

"ジョナサンのタピオカミルクや凍結アイスティーはどうやって飲めばいいの?"

「ジョナサンなどでご提供しているタピオカを使ったドリンク、ジョナサンの凍結アイスティー、chawanのスムージーなどをご注文いただいた場合は、商品と一緒に通常のストローより太い専用のバイオマスストロー™をお持ちします」

"藍屋のレモンスカッシュにもストローは付かないの?"

「ドリンクバー以外の単品の冷たいドリンクをご注文いただいた場合は、商品と一緒に通常のバイオマスストロー™をお持ちします」

ガストではプラ製ストローを1年で約5,400万本削減

昨年のガスト全店でのプラ製ストロー年間使用本数は合計約5,400万本。昨年12月上旬から廃止しているので、ガストだけで、これだけの本数が今年1年で削減されることになります。また、2019年7月には、グループ会社のニラックス株式会社、株式会社トマト&アソシエイツ、台湾の全店でも、プラ製ストローを廃止する予定です。

タベル編集部では、すかいらーくグループによるプラスチック製ストロー廃止の取り組みを今後も追い続け、必要な情報があれば、皆さまに順次ご提供していきます。

撮影・取材・文/須賀翔平

関連記事