「家族」と「食べる」を考える

タベル マガジン

「家族」と「食べる」を考える

タベルとは?

囲って、向き合って、楽しんで。
家族が笑顔で集まる場所「テーブル」で
美味しいお料理を「タベル」。
この日常の風景をもっと豊かにできるよう、
家族と食についての情報をたっぷり集めました。

すかいらーくグループ、お子様向けラッキーセット限定カプセルトイに「まったりくりーむ スイーツ ステショ」が新登場!

ゆるかわで、どこか不思議な「まったりくりーむ」の仲間たちは、今回のために描き下ろされたオリジナルキャラクターです。

タベルでは、生みの親であるイラストレーターのにしいきよみさんにインタビュー。魅力的なキャラクターを生み出す秘訣や、「まったりくりーむ」誕生の裏話を聞きました。

自分が楽しんでないイラストが、人から好かれるわけがない

今ではイラストレーターとして幅広く活躍するにしいさんですが、以前は別の仕事をしていて、イラストはあくまで趣味だったそう。体調を崩して外出が難しくなったことで、イラストの仕事を請け負うようになります。

「外出ができなくても稼がないといけないので、家でできるイラストの仕事をホントに微々たるお金をいただくところからスタートしました。今とはぜんぜん違うリアルなタッチの絵を描いたりしてましたね」

にしいさんが描き下ろした「まったりくりーむ」のキャラクターたち

ところが、仕事になったことで、好きだった絵を描く行為が楽しめなくなったそう。

「無理してたんでしょうね。絵を描くことが、どんどん嫌いになっていきました。そんなとき、私は10数年付き合っている人がいるんですけど、彼の手帳に落書きをしていたら、『どれも、きよみらしい絵だね』って言ってくれたんです」

思うがままに描いたその落書きこそが、現在の作風の原点だそう。

「ふと、これでいいんだって気づいて。自分が楽しんで描いてないイラストが、人から好かれるわけがないですよね。この気づきだけでいける!と思って、バカなんですけど、税務署に開業届をどーんと出しました(笑)」

描いていて楽しいイラストで、いよいよ本格的にイラストレーター業をスタート。自分らしい絵柄が仕事を呼び込むことになります。

特に印象に残っているというお仕事がこのCDのイラスト
CDジャケットを手がけるのが夢だったそう
左『コロムビアキッズ みんなだいすきキャラクターソング・ベスト』
右『コロムビアキッズ BABIES おうたいっぱい! 0歳からの ごきげんソング』
発売元:日本コロムビア

「最初、ほとんど実績もないのに、運良くサンプルイラストを見た出版社さんから児童書のお仕事をいただけたのが大きかったですね。自信になりましたし、それがきっかけで次のお仕事、また次のお仕事とつながって、今に至ります」

キャラクター作りは"悪ノリ"からスタート

ユーモアたっぷりにインタビューに応じてくださるにしいさん。魅力的なキャラクターを生み出す秘訣を聞いてみると、これまたユニークな答えが。

「キャラクターを考えるときは、だいたい悪ノリからスタートします(笑)。それこそ小学生男子みたいなノリで描きはじめて、後からもう少し上品にしよう、かわいくしようと調整していった方が発想しやすいし、自分も楽しいです(笑)」

にしいさんのイラストのかわいいだけじゃない不思議な魅力は、そんな悪ノリのせいかも!? 中には悪ノリ成分をさらに増やして、そのまま世に出たキャラクターもあるとか。

「LINEスタンプの『うさお』がそうですね。制作過程で、どんどんぶさいくになっていきました(笑)」

LINEスタンプの『うさお』

子ども向けのお仕事を多く手がけるにしいさんに、子ども向けのキャラクターを作るときに大切にしていることを聞いてみました。

「トレンドは気にぜず、むしろ自分が子どもころに欲しかったものを思い出すようにしています。あと、友だちの子どもと遊びながら『その発想いただき!』みたいなことも。子どもと目線を合わせるのは得意と言うか、精神が大人になりきれてないので、ゲームとか普通にムキになります(笑)」

「まったりくりーむは」、私たちと同じように自由に楽しんでほしい

今回、ラッキーセットのカプセルトイのために、にしいさんが生み出した「まったりくりーむ」のオリジナルキャラクターたち。ゆるかわで、ちょっと不思議なキャラクターは、どのように誕生したのでしょうか。

ラッキーセット限定カプセルトイ「まったりくりーむ スイーツ ステショ」
「まったりくりーむ」のキャラクターたちが
ケース、メモ、コンパクト、スタンプといった楽しいステーショナリーに

「メインキャラクターの『そふたろう』は、実はウチのネコがモデルです。何案か出したのですが、思い入れの強さが伝わったのか、この子が採用されました。じゃあ、イヌっぽい子もいたら楽しいな、パンケーキはパンダにしよう!と仲間を増やしていって、『まったりくりーむ』の世界ができあがりました」

「そふたろう」は頭(?)の先端で扉が開く気配を察知するといううわさがあるなど、「まったりくりーむ」は子ども向けとは思えないほど、世界観や個々のキャラクター設定が細かく作り込まれています。

手を添えているのが「まったりくりーむ」のメインキャラクター「そふたろう」

「プロジェクトチームのみなさんと、あーでもない、こーでもないと話し合ってるうちに、どんどん楽しくなって、ちょっとマニアックなキャラ設定に(笑)。子どもたちに楽しんでもらうには、まず自分たちが楽しまなきゃって言いながら(笑)」

とは言え、子どもたちには、そんな設定を思いっきり無視するくらい自由に楽しんでほしいそう。

「この子はこういうしゃべり方だよとか、実はこの子とこの子は仲が悪いとか、自由に裏設定を考えて遊んでくれたらうれしいですね。私たちがあーでもない、こーでもない、アハハ、ギャハハってノリで設定を考えたのと同じように楽しんでほしいです(笑)」

撮影・取材・文/須賀翔平

関連記事