「家族」と「食べる」を考える

タベル マガジン

「家族」と「食べる」を考える

タベルとは?

囲って、向き合って、楽しんで。
家族が笑顔で集まる場所「テーブル」で
美味しいお料理を「タベル」。
この日常の風景をもっと豊かにできるよう、
家族と食についての情報をたっぷり集めました。

ランチメニューを選ぶ時、みなさんはカロリーを気にしていますか? 最近では、アプリを活用してカロリーをコントロールする方も増えているよう。ただ、一口にカロリーコントロールと言っても、摂取量を減らす方法と、運動量を増やして消費する方法がありますよね。

そこで今回は、どちらがより手軽かを検証! ジョナサンのラーメンの麺を"糖質0麺"に置き換えてオフできるカロリーは徒歩何時間分? 食事管理や糖質オフって、実際どうなの? そんな疑問をダイエット経験者と考えます。

運動だけより俄然効果が! 市民ランナーが実感した、食事管理のチカラ

今回、取材に協力してくれたのは榊森梨紗さん。趣味はランニングという健康的な30代の会社員です。最近、食事管理+トレーニングで、8Kg減量したとか! まずは、食事管理のダイエット効果を教えていただきましょう。

「ランニングは3年ほど続けているので、運動不足じゃなかったんですよ。でも食事を変えたら、1カ月半で8Kg減。ウエストは約10㎝細くなり、走っていて身体が軽い!」

具体的には、「野菜は最初に食べて、量も多めに。走った後にはたんぱく質もしっかり補給」と栄養バランスに気を配っていたそうです。

「糖質も適切にコントロールしていたんですよ。目標の体重に近づくには、運動だけでなく食事の管理が不可欠だな~と再認識しました」

外食・麺好きの救世主?!"糖質0麺"

せっかく大成功したダイエットですが、「実はその後、4Kg戻ってしまった」と榊森さん。

「私、本当は、糖質たっぷりの炭水化物が大好き。高カロリーのラーメンにも目がないし(笑)。いつもの食生活に戻したら、すぐに戻ってしまったんですよね...」

食事のたびに栄養バランスや糖質量をチェックし、外食を控え...。効果がわかっていても、食事の管理を続けるのはやはり大変なようです。

「ごはんは白米を玄米に置き換えていたけど、パンや麺類はひたすらガマン。それが結構ストレスで。言い訳すると、ランニングで身体を動かした後にラン仲間と美味しいものを食べるのって、すごくシアワセなんですよ(笑)」

同じような悩みを持つダイエッターのみなさん、そんなときはジョナサンの糖質0麺に注目してください。ラーメン系メニューの麺とチェンジ可能で、「酸辣湯麺(スーラータンメン)」の麺を置き換えた場合、糖質量が1食20.1g(スープを除く麺と具材の糖質量)と驚異的な低さに! しかもカロリーも1食554Kcalが196Kcalにダウンする、スグレモノのヘルシー麺なんです。

糖質の消費をリアルタイムで計測するのは現実的ではないので、今回は通常の麺と糖質0麺のカロリーの差分、358Kcalはどのくらい歩けば消費できるのか、榊森さんに検証してもらいます。取り過ぎたカロリーを消費する実験なので、糖質0麺ではなく、通常の麺の「酸辣湯麺(スーラータンメン)」を食べて出発です。

実験開始! 通常の麺と糖質0麺のカロリー差、何時間歩けば消費する?

ジョナサン有楽町店から移動し、いよいよ358Kcalの消費実験を開始! コースは1周約5㎞の皇居外周、人と会話ができる程度の速度で歩いてもらいます。胸元の活動量計に身長・体重をインプットして、皇居の二重橋前からスタート!

皇居ランをするときは夜が多いそうで「ビルが立ち並ぶ大手町付近の夜景と、広々とした皇居の対比が心地いいんですよ。今日は、内堀通りの柳並木が青々ときれいで季節を感じます」と、序盤は余裕の笑顔です。

黙々と歩き、1時間で3.4㎞に到達...と喜んだのも束の間。消費したのは、たった180kcal。ちなみに写真の半蔵門付近からの道は、榊森さんの皇居ランお気に入りスポット。「下り坂なので加速するし、視界が開けていて爽快なんです」とのこと。

2時間、6.6㎞で、やっとカロリー差を消費。実に、山手線7駅分!

およそ1時間30分が経過した頃、1周約5㎞を達成しました。しかし、消費は270Kcalほど...。カロリーの差分は、まだまだ消費できていません。

2周目に突入し、「毎日こんなに歩けないよ~! 大好きなランニングも、仕事の日は難しいし...。糖質やカロリーのコントロールって、ホントに大切ですね」と榊森さん。

さらに歩き続け、2時間4分、6.63㎞地点で、やっと活動量計が「358Kcal消費」を表示! 6.6㎞をJR山手線の距離に置き換えると、皇居近くの有楽町駅を出発し、東京駅も秋葉原駅も上野駅も通り越して、日暮里駅に到着。実に7駅分もの距離に相当します。

「えっそんなに?! 食べ過ぎたら仕事帰りに1駅歩けば...なんて考え、甘かったんですね」と、取材スタッフと顔を見合わせて苦笑い。

「実は今、フルマラソンで3時間半を切りたくて。大会のシーズンに向け、夏の間に身体を軽くしようと思っているんです。糖質制限ダイエットの効果は実感しているので、糖質0麺もうまく取り入れて、コンディションを整えます!」

榊森さんが再認識したように、ダイエットのためには、栄養バランス・運動の両方に気を配りたいものです。糖質0麺を含め、ジョナサンには「J's HEALTHY」という身体にうれしいヘルシーメニューがそろっています。ぜひご活用くださいねー!

※カロリーの消費量は、年齢・性別、身長・体重、歩き方などによって異なります。
※商品情報は2019年7月11日時点のものです。

取材・文/花沢メイ 撮影/須賀翔平

関連記事